更新のお知らせです。

 

2021/5/15 Clipart 洋風に 【 懐中時計 】をアップロード致しました。

アンティークの懐中時計とそのスタンドです。
腕時計の台頭とともにその地位を奪われ、今では趣味のものになってしまいましたが、
その腕時計も今では携帯電話に追われているみたいですよね。

ただ、自分の趣味もあるのでしょうが懐中時計とそのスタンド、
自分のデスクに置きたいと強く願います。
スタンドはイギリスのラポートという老舗で現在も販売しているそうですが・・・

2021/5/6 植物の素材 春に 【 フラワーポット 】をアップロード致しました。

花の種類が早い時期の春のもの になってしまっていますが・・・
ギリギリセーフってことにしておいてください。

2021/5/1 Penguin'sCafeに 【 スフレ 】をアップロード致しました。

とにかくふわふわしたケーキですね。スフレパンケーキとか、
やたらふわっとしててものすごく(私には)魅力的なお菓子です。
外出自粛で太ってしまったという嘆きが多い中、こういう素材は目に毒なんですが、
ついつい描いてしまったりするのです。

2021/4/24 西洋風素材に 【 シノワズリ 】をアップロード致しました。

シノワズリは17世紀頃に流行した中国風デザインです。
中国のデザインではなく、あくまでも中国風の、西洋人が東洋に求める神秘性みたいなものを
イメージしたものなんですね。
家具や陶磁器など、富裕層に好まれたものなので高級品が多いのが特徴です。

2021/4/17 植物の素材 春に 【 猩猩袴 】をアップロード致しました。

猩猩袴は日本各地の山地に自生する植物です。
枯れた後もそのままの姿を維持するので夏に緑の花が咲いてる、ふうに見えるらしいです。変わっていますね 。

猩猩って中国の龍のような伝説の生き物なんですが、色だけで姿が似てるってことではないようです。
「袴」の方は見た目らしいんですけどね。

2021/4/10 Penguin'sCafeに 【 クエラピス 】をアップロード致しました。

クエラピスはマレーシアやインドネシアなど東南アジアでみられるスイーツです。
内容的には米粉のプリンって感じかな。
日本で見かけるのはわりと地味な色合いですが、こういうカラフルな色のものが
ああ、クエラピスだなって私には思えるのです。

2021/4/4 Clipart 植物に 【 ガーデンクラウン 】をアップロード致しました。

一昨日所用で新潟まで行ってきたのですが、途中の宇都宮、終着の新潟で桜が満開でした。
しかもやはり満開の菜の花が、セットで咲いていて実に圧巻でしたね。
ところによっては梅も見事でした。
ああいう迫力の花たちをみるとガーデニングの箱庭が悲しくなりますが、
こういう小物を用いて楽しめるのは小さい庭の特権でもあります。

中にあるのはこれから咲く丁字草。絶滅危惧種の多年草です。

2021/3/27 和風素材 器物に 【 菓子器2 】をアップロード致しました。

文様が梅の柄になってしまっていますし、お菓子も青梅なのでちょっと時期を失してしまいましたが、
来年まで待つよりはと思いアップ致しました。
梅の実であればまだ間に合うし、なんて自分に言い訳をして。

気がつけばあと数日で4月になるのですね。
少し前まで寒い寒いと言っていたのに。

今日はこれから近くの城址公園にお花見の予定です。
春の嵐が花を散らしてしまう前に桜を満喫しておかねばね。

2021/3/20 西洋風素材に 【 バイキングシールド 】をアップロード致しました。

一時期ケルトの文様に気が向いていたことがあって、その時に描いた素材です。
たぶんワンピースがヒットしていて海賊に興味を持ったたんじゃないかと思うんです。
けどいざ描いてみるとケルト文様ってややこしくてすぐに飽きちゃったんじゃないかな。
その他、って分類のフォルダにひっそり納まっていました。

今ならケルト文様もさほど手間をかけずに描けるスキルが身についたので、
今後バイキングの素材が出ることもあると思います。
海賊船の船首の飾りとか、結構かっこいいんですよ。

2021/3/13 西洋風素材に 【 キルト 】をアップロード致しました。

私は手芸の類が苦手というか、センスに欠けるというか、不器用というか、
とにかく何かを作ろうとして成功した試しがありません。
すごく努力はするのですが、完成に至ったものは皆無と言っても過言ではありません。
指に針を刺さずにボタンがつけられたことってないですもんね。
これは一種の特技じゃないかと思いますよ。
ですから絵でも描いて鬱憤晴らしするしかないのです。
なんか虚しい・・・

2021/3/7 植物の素材 春 桜に 【 おかめ桜 】をアップロード致しました。

カンヒザクラとマメザクラを交配して作られた桜です。
開花は染井吉野より早い2月下旬から3月にかけて。ちょうど今頃ですね。
名前の由来は「おかめ」からきていますが、どこがあの下ぶくれのおかめなのかよくわかりません。
ちょっと可哀想な名前じゃないかと、桜に代わって憤慨してみたりして。

2021/2/27 Penguin'sCafe 片吟茶楼に 【 マーラーカオ 】をアップロード致しました。

マーラーカオは中国語が元になった名前ですが、マーラーはマレーシアのことです。
中華風蒸しパンの他に、マレーシア風蒸しパンともいわれるそうです。
長いこと最近の食べ物と思っていましたが、今回描くにあたって調べたところ
なんと江戸時代に伝わったものだそうで、ずいぶんと古くからのお菓子だったのですねぇ。

2021/2/20 植物の素材 冬に 【 シンビジウム2 】をアップロード致しました。

シンビジウムは洋蘭としては大変丈夫で寒さにも強く育ち花を咲かせてくれる植物です。
今では胡蝶蘭に人気を奪われてしまいましたが、それ以前は出荷量日本一だったそうです。

子どもの頃、冬の窓辺にこのシンビジウムが毎年飾られていたのを思い出します。
今はシクラメンに押されてしまったようですが、昔は年末に送られる花だったのかもしれません。

2021/2/13 西洋風素材に 【 アールデコ 】をアップロード致しました。

ご存じのようにアール・ヌーボーに続いて流行した装飾ですね。
第一次大戦と第二次大戦の間に流行ったので「大戦間様式」とも呼ばれるそうです。
幾何学紋様をモチーフにしているのが特徴で結構好きかな。
今回はタイル状の素材にしてみました。

2020/2/6 植物の素材 冬に 【 椿葛 】をアップロードいたしました。

まるで茶花のようなイメージを持ってしまいそうな花ですが、チリ原産でチリの国花です。
3メートルにも及ぶ蔓性の花なのだそうですよ。
白い色もあってそちらの方が好みなのですが、ピンクが主流のようです。

2021/1/30 その他の素材に 【  】をアップロード致しました。

身を切るような冷たい風が吹いています。
どこかでまた立ち往生があってもおかしくないお天気ですね。
雪景色はとてもとても綺麗だけど命の危険を隠し持っています。
だからこそ美しいのかもしれないですね。

今回は期間限定素材もご用意しています。
短い時間でのアップですが、お気に召したらこちらからお持ちください。

2021/1/23 その他の素材に 【 雪だるま 】をアップロード致しました。

関東地方に住んでいると雪だるまなんてとてもじゃないけどまともに作れた試しがありません。
でも南会津では屋根から落下する雪の塊が1メートル四方なんてのはざらです。
ひとつで数トンもの雪の塊が轟音を上げて屋根から滑り落ちるすごい光景が日常なんです。
けどね、もっとすごいなって思うことがあるのです。
真夜中、轟音を伴って落下する雪の塊をものともせずに眠ってる自分がいるんですねぇ。
人間の持つ適応力ってすごいものがあるなぁと、我ながらしみじみしてしまいました。

ちなみにこれがその落雪

 

2021/1/16 和風素材 器物に 【 火鉢 】 
その他の素材に 【 バレンタインプレート 】をアップロード致しました。

今回は2点のアップロードです。
コロナのせいで家にいることが多くなり、お絵描きの時間が増えたせいで在庫がたまってしまいました。
季節ものは生ものみたいなものなので、春になってしまうと使えなくなりますから。

我が家のお餅は会津でいただくものが多く、サイズも厚みも市販の倍くらいあります。
そういうものはやはり火鉢で焼くのが一番ですよね。
お醤油つけて海苔巻いて、あ、今日のお昼は磯辺焼きで決まりみたい。
ただし、焼くのはアラジンのトースターですけどね。

2021/1/9 Clipart その他に 【 おてて 】をアップロード致しました。

私は圧倒的なイヌ派なのですが、それでもモフる際は猫には負けると確信しています。
特におてて、わんこは爪が引っ込まないので、どうひいき目にみても厳しい部分があります。
握手を求められた時も(大型犬だと)たまに痛い思いをすることすらあるしなぁ。

というわけで、本日はにゃんこのおててに焦点を当ててみました。

2021/1/4 和風素材 器物に 【 加陵頻 】をアップロード致しました。

あけましておめでとうございます。

加陵頻は極楽浄土に住む人面鳥身で美声を持つ霊鳥迦陵頻伽(かりょうびんが)に由来する雅楽の舞です。
年の初めには適しているかなと思いましてこの素材にしました。
なかなかに重たい話題ばかりが目につく年明けですが、なんとか乗り切れると良いですね。

本年もどうぞよろしくお願い致します。